断熱塗装は価格くらべだけで終わってはいけない!?

▼安い価格ではないのに人気、ガイナ断熱塗装。

断熱塗装でいま話題になっているのはガイナという塗装。

製品にはガイナ塗料、キルコート塗料、それにミラクール塗料などがありますが、他社の断熱塗料の価格と比較しても決して安いものではありません。

それであるにも売上を伸ばしている背景について専門家は「消費者の環境意識が高まってきたことと、長いあいだの経済不況で、費用対効果をきちんと見定めるようになったからだ」と分析しています。

それを裏づけるように「価格が高価であるぶん、従来の外壁塗装材や屋根塗装材よりもガイナの塗料は長寿命で、汚れを寄せつきにくい、耐久性・耐湿性に強いなど多機能である。

結局のところ長い目でみるとガイナの塗料のほうがおトクになる」と関係者は語っています。

断熱塗料ですから断熱性にすぐれていることは当然の話ですが、実際にガイナ塗料を用いて屋根塗装・外壁塗装を行ったユーザーからは、「ガイナ塗料やガイナ塗装に対する口コミでプラスの評判も多かったけれど、施工にきてくれた職人さんたちの対応がすばらしく良かった」、「他社との価格比較について納得のいく説明があった」、「断熱塗料の特性について素人の自分にもわかりやすく説明してくれた」など、営業スタッフや現場施工者の対応を高く評価する声も多く聞かれました。

▼“接客力”で伸びるガイナ断熱は、高くても適正価格。

結局のところ機能塗料だとか特殊塗料だとかとむずかしいことを言っても、最終的には人に対する信頼性の大きさで決まることが多いのも事実です。

行き過ぎた効率主義や実力主義が終わって原点に立ち返った日本の営業スタイルは、「接客元年」ともいわれ、「おもてなしの精神」と相まって国内外から高い評価を獲得しています。

誠心誠意接して自社の製品の断熱塗装技術や断熱リフォームの良さを納得してもらえれば、「決して安いとは思わないが、ガイナ断熱塗装の値段は適性価格だと思う」といったような評価もいただけるのです。

ガイナ施工実績は、年率にして10%以上の高い伸びを示していると指摘する業界関係者もいます。

そのため断熱塗装を専門とする業者さんの中には、ガイナ断熱塗装1本に絞って再スタート切る施工店も少なくないのだとか~。

いずれにしてもガイナが塗装業界を牽引していることはたしかです。

今後、景気が回復して消費者の目が、屋根塗装や外壁塗装に向くようになれば、他社製品とガイナとの差はさらに開くことも間が考えられます。

▼価格ばかりをくらべられて値崩れが起きたら!?

屋根塗装や外壁塗装は、その多くが職人さんの技術や対応力によって支えられています。

施工現場は決して平常心で行えるような楽なところばかりではなく、足場の組めない危険と隣あわせの一般住宅があったり、立地環境の悪い公共施設があったりもします。

屋根塗料の下塗り・中塗りといった作業に入る前の高圧洗浄では、急勾配の屋根に足を滑らせて転落するような危険に遭遇することも日常茶飯事だといいます。

「塗装会社には、それ故に人材が集まりにくい。

価格ばかりをくらべられて値崩れを起こすようなことがあれば、ますます人材は集めにくくなる~。

塗料比較・価格比較ばかりではなく、人こそ商品・技術こそ付加価値であることをわかっていただけるように精進しています」と語る経営者もいます。

断熱材や塗料価格は原材料費の高騰で値上がりしていますが、塗装料金は経済の冷え込みで下落傾向にあり、とても厳しい情勢がつづいています。

費用対効果の極めて高い断熱塗装が今後も伸びつづけ、技術力のあるいい人材によって普及していくことを願うばかりです。

Comments are closed.