断熱塗装の省エネ効果を実験データから探る。

▼断熱塗装と効果・耐用年数について。

断熱塗装と耐用年数に関して調べていくと、ある断熱塗装のサイトでは15年となっていたり、あるサイトでは20年と表記されていたりします。

断熱塗装とは断熱コートのことであってガイナ塗料なども断熱塗料として知られていますが、他のメーカーや研究所の案内をみてみると、断熱塗料だけで400種類もの製品を開発しているとありました。

熱伝導率を低くして断熱性を高めるという断熱塗装の役割はほぼ共通しているところでしょうが、400種類もの断熱塗料があるということになれば、一概に15年とか20年といった具合に耐用年数を決められないわけで、使う側のユーザーとしては、果たしてほんとうのところの断熱塗装の耐用年数を何年と解釈すればいいのでしょうか。

またその断熱塗装と耐用年数は、効果にどれほどの違いをみせるのでしょうか。

真夏の暑い日になると屋根の表面温度はサンダルを履いていても我慢できなくなるほどですが、この反射塗料ともいうべき断熱塗料を塗布すると、そのようなこともなくなるのだそうです。

つまり断熱塗装の効果で表面温度が下がり、それに比例して室内温度も低減されている効果があることを示しています。

▼日射反射率の向上とガイナ断熱塗装の効果。

夏の室内の温度は理想的には18℃などといわれていますが、それでは十分に涼しいとは思えないために、ついつい冷房の温度を低めに設定したり、風量を強めに設定したりしてしまいます。

とても省エネを実行している住環境とはいえない状態ですが、たとえば断熱塗装ガイナの「ガイナ断熱塗装材」を屋根に塗布すると、日射反射率が飛躍的に高くなって、室内の省エネ効果も信じられないほどに高まるといいます。

これは断熱塗装によって屋根表面温度が押し下げられた結果で、“ガイナ塗布効果”と表現しても過言ではないでしょう。

塗装方法は他の塗料を塗布するのとそれほど変わらないと専門家はいいますが、素人の私たちがDIYで行うよりもプロの塗装業者さんに依頼したほうが節電効果や省エネ効果は確かなものが得られるのではないかと考えています。

その理由は断熱塗装の塗膜の厚さによって表面の断熱機能や熱反射率、反射性能が変わってくるからで、これはガイナ塗装面における性能でも他の塗料メーカーの断熱塗料材でも同じだといいます。

▼断熱塗装の効果はコンクリート表面温度実験でも立証。

コンクリート表面温度について、その表面温度上昇の記録をデータ化し分析した結果

がありますが、ガイナ断熱塗装材を塗布したものとそうでないものとでは、太陽熱の遮熱性が明らかに異なり、断熱塗装を施した場合の効果は温度に換算して10℃以上になることがわかりました。

こうした実験でも、「断熱塗装による省エネ効果抜群!」とする業界の宣伝文句を裏づける結果となっています。

今後、屋根材・外壁材としての需要はますます高まっていくものと思われますが、普及によって価格が下がれば、その勢いも加速していくことでしょう。

Comments are closed.